1. 扁桃炎と風邪の違いは?
  2. 扁桃炎に有効性の高い治療薬クラビット
閉じる
  1. 子供の扁桃炎は負担を考えて切除を検討しましょう!
  2. 扁桃炎と風邪の違いは?
  3. 扁桃炎が起こる理由と予防にイソジンうがいは効果はある?
  4. 扁桃炎持ちで肥満ぎみの方は睡眠時無呼吸症候群に御注意
  5. 扁桃炎を治すのに解熱剤だけに頼ってはいけない理由
  6. 扁桃炎に有効性の高い治療薬クラビット
閉じる

子供の扁桃炎は負担を考えて切除を検討しましょう!

扁桃腺とは私たちの喉の奥にある器官のことであり、ウイルスや雑菌などの攻撃から体を守る免疫機能の働きをしています。
アーモンドのような形状の器官で表面には小さなつぶつぶのような穴が開いており、この部分にウイルスや雑菌を集めることで体内への侵入を防いでいるのです。
この扁桃腺が腫れてしまうのが扁桃炎であり、喉の痛みを感じたりものが飲み込みにくくなったりといった症状があらわれることになります。

扁桃炎は特に8歳から9歳ぐらいまでの、比較的抵抗力が小さい子供がかかりやすい病気です。
疲れやストレスがたまっている場合や、季節の変わり目など温暖差の激しい時期になるとかかりやすくなり、重症化すると発熱やリンパの腫れ、関節痛などの症状があらわれます。
各種ウイルスや雑菌の感染が原因である場合には周囲の人にうつしたり、呼吸困難などを招く可能性があるため注意が必要です。
子供が扁桃炎になった場合には、小児科や耳鼻咽喉科などを受診して医者に相談をしてください。

治療の方法は症状次第となりますが、疲れやストレスなどが原因だと思われる場合にはまずは霧状にした治療薬を吸い込む治療(ネブライザー治療)が行われます。
ネブライザーは薬剤を放出することで、鼻や喉の炎症を抑えることができる治療機器です。
超音波によって細かい霧状にすることで、患部に薬剤をしっかりと行き届けることができます。
各種ウイルスや雑菌の感染が原因だと思われる場合には、抗生剤による治療が行われます。

インフルエンザウイルスが原因だと思われる場合には同時に解熱剤が処方され、体力の低下や脱水症状などが見られる場合には点滴を行います。
投薬後しばらく安静にすれば症状は軽快に向かいますが、子供の身体への負担が大きいと判断された場合には扁桃腺の切除手術を行う場合などもあります。
扁桃腺の切除は比較的簡単な手術ですが、切除にはメリットとデメリットの両方がありますので、くれぐれも慎重に検討することが必要だといえるでしょう。

扁桃腺の切除にはメリットとデメリットがあります!

扁桃腺の切除にはメリットだけではなくデメリットもありますので、医者に相談をして説明をしっかりと聞くようにしましょう。
扁桃にはウイルスや雑菌から体を守る働きがありますが、4歳から5歳以上の年齢の子どもであれば切除してもその後の抵抗力の変化は見られないため、以前は扁桃が大きくなった場合には重症化や呼吸困難などを防ぐため切除してしまうことが一般的でした。

しかし近年では切除のデメリットを考えて、症状次第では切除せず投薬などで様子を見ることが増えています。
切除のメリットとしては、早期の症状の改善が期待できることがあげられます。
抗生剤やステロイド剤などによる治療は長期化しやすくなりますし、薬剤の副作用が生じる場合などもあります。

一方で扁桃を切除してしまえば原因そのものがなくなるため、症状を根本から改善することができるのです。
子供の扁桃が腫れて呼吸が苦しそうな場合や飲み込みがしづらい場合、また扁桃炎を何度も繰り返し発症する場合などには、扁桃を切除する手術を検討することが必要です。
切除のデメリットとしては、術後に強い痛みを感じることがあげられます。
手術そのものは全身麻酔で行われるため痛みを感じることはありませんが、術後の痛みがおさまるまでには1週間程度必要になりますので、子供にとっては大きな負担だといえるでしょう。

手術の際には開口器という器具で口を大きく開けるため、一部には術後に舌や喉の違和感を感じることがあるようです。
こちらについても通常は1週間程度で改善することになります。
その他に手術の直後には出血のリスクが高くなるため、1週間から10日程度の入院が必要であることもデメリットのひとつだといえるでしょう。

関連記事

おすすめ記事

  1. 扁桃炎と風邪の違いは?
  2. 扁桃炎に有効性の高い治療薬クラビット

ピックアップ記事

  1. 扁桃腺とは私たちの喉の奥にある器官のことであり、ウイルスや雑菌などの攻撃から体を守る免疫機能の働きを…
  2. 扁桃炎は、喉の腫れや痛みが症状として挙げられるため初期の場合は風邪と間違いやすい事でも知られています…
  3. 扁桃炎は、扁桃で起こる炎症のことです。扁桃は口や鼻から吸引した異物が喉に至る前に免疫対応できるよ…
ページ上部へ戻る