1. 扁桃炎に有効性の高い治療薬クラビット
  2. 扁桃炎と風邪の違いは?
閉じる
  1. 子供の扁桃炎は負担を考えて切除を検討しましょう!
  2. 扁桃炎と風邪の違いは?
  3. 扁桃炎が起こる理由と予防にイソジンうがいは効果はある?
  4. 扁桃炎持ちで肥満ぎみの方は睡眠時無呼吸症候群に御注意
  5. 扁桃炎を治すのに解熱剤だけに頼ってはいけない理由
  6. 扁桃炎に有効性の高い治療薬クラビット
閉じる

扁桃炎を治すのに解熱剤だけに頼ってはいけない理由

扁桃炎は、扁桃腺の部分が様々な原因により痛みが生じたり熱を発する状態のことですが、比較的熱が出ることが多いのがポイントになります。
扁桃炎で発熱した場合には、37度台から38度ぐらいまでになるのが普通になります。
実際にどれぐらいの発熱になるかはその人の平熱や病気の状態あるいは普段からの体力などによって変わるといってよいでしょう。
この場合に、解熱剤を飲むことで熱を落とすことができるかが問題になります。

そもそも解熱剤自体は、発熱した時に熱を下げる働きがあるのは間違いありません。
しかしながら、いくら平熱以上になったとしても服用しない方が良いこともあるでしょう。
どのような時に服用しない方がいいかといえば、38.5度以下の時です。
この場合、一時的に下がったとしてもあくまで一時しのぎでしかありません。
なぜ一時しのぎなのかといえば、これは、人間がなぜ発熱するかのメカニズムを知ることで理解することができます。

人間の身体が病気で発熱する理由は、体の中に入ってきたウイルスと白血球が戦っているからです。
通常の状態であれば、白血球は血液の中を流れているだけで熱を発しません。
ですが、体にとって悪いと判断した扁桃炎の原因になるウイルスなどが入ってきた場合、白血球はこれ以上悪化させないためにそのウイルスと闘うことになり、結果的に熱が出るという仕組みです。
つまり、ある程度発熱した状態でなければ無理に熱を下げてしまうことになり結果的に白血球の働きを弱めてしまいます。

白血球の働きが弱くなると、ウイルスが体内に侵入しやすくなり治るどころか逆に悪化してしまう可能性も少なくないでしょう。
よく、解熱剤を飲んで一時的に熱が下がった場合でも、数日すると再び高い熱が出てしまい結果的に体調不良の状態が長引いてしまうことになります。
そのため、仮に解熱剤を使うとしても、高熱な状態で難聴や盲目になる可能性がある場合、一般的には38.5度を超えている時に用いるのがよいとされています。

鎮痛剤を利用するべきか

扁桃炎になった場合には、激しくのどの痛みが生じることもあります。
もちろんこれは、状態によって変わってきますがもし日常的に生活をするうえで支障をきたすぐらいの痛みがある場合には鎮痛剤を飲むのも一つの方法になります。
また、発熱により身体がだるくなるような時も少なくありません。
このような時鎮痛剤をのむことで多少体を楽にすることが可能になるわけです。

なぜこのように、状態が悪くなった時に対応しなければならないかといえば、扁桃炎はある程度悪化しないと症状が出てこないため、気付きにくいからです。
例えば、風邪などの場合には少しずつのどが痛くなったり鼻水が出てきたりすることで、風邪をひいていることが理解できますが、扁桃炎の場合には初期症状があまり見られないため進行していることに気付きにくいわけです。
このように、体がだるくなりあるいはのどが痛くなってようやく気付くのがこの病気の特徴といえるでしょう。

もし、発熱があった場合だけでなくのどの痛みが出てきている場合や舌に違和感を感じる場合、あるいは鼻の奥の方に違和感がある場合にも扁桃炎を疑った方がよさそうです。
ある程度進行している時に鎮痛剤を飲むよりも早い段階で飲んだ方が苦痛を避けることができます。

ただ、鎮痛剤は解熱剤と兼ねて医者の薬として処方されることがあります。
この二つを完全に分離できない場合は、ある程度熱が上がってからでないと症状が長期化してしまう可能性も少なくありません。
このように、両方混ざっている場合には状態が悪くなってから飲むかあらかじめ薬を処方してくれる医者に対して解熱剤と鎮痛剤の両方を別々にして処方してほしいと伝えることが必要です。

関連記事

おすすめ記事

  1. 扁桃炎と風邪の違いは?
  2. 扁桃炎に有効性の高い治療薬クラビット

ピックアップ記事

  1. 扁桃腺とは私たちの喉の奥にある器官のことであり、ウイルスや雑菌などの攻撃から体を守る免疫機能の働きを…
  2. 扁桃炎は、喉の腫れや痛みが症状として挙げられるため初期の場合は風邪と間違いやすい事でも知られています…
  3. 扁桃炎は、扁桃で起こる炎症のことです。扁桃は口や鼻から吸引した異物が喉に至る前に免疫対応できるよ…
ページ上部へ戻る